2010年07月28日

『ギルティギアの父』と呼ばれる石渡太輔

アイテム課金(-かきん)とは、主にオンラインゲームや携帯電話ゲームなどで導入されているシステムで、ユーザーにゲーム内で利用できるアイテムを販売する課金制度。通称ネトゲネットワークを介して専用のサーバや他のユーザーのクライアントマシン(パーソナルコンピューター パソコン、ゲーム機など)と接続し、オンライン上で同時に同じゲーム進行を共有することができる遊びを指す。トレードオフ(trade-off)とは、一方を追求すれば他方を犠牲にせざるを得ないという二律背反の状態・関係のことである。 ギル・ベイダー(gilvader)は玩具メーカータカラトミー(旧トミー)が展開する『ゾイド』シリーズに登場する架空の兵器。『ギルティギアの父』と呼ばれる石渡太輔が、システム・シナリオ・デザイン・BGM・ボイスキャストと大部分に関与している作品。なお、日本において「ネットゲーム」は遊演体の登録商標であり、この場合は同社が主催するプレイバイメールを指す。




なぜ日本では火葬が主流なのかについて

針からレーザーへ脱毛の新技術を体験しよう

高額買取をしているDVDショップの裏側

「脱」渋谷系ファッションのススメ

クラウド・コンピューティングの利用方法

posted by レモン at 16:16| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。